忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 記事一覧

丹東から平壌に行く特急電車を探検してみる

中国側の北朝鮮への入口の街・丹東(ダンドン)から平壌への特急電車の道のりは約7時間です。
この間、外を眺めたり、本を読んだりして過ごしますが、電車内を探検することもできます。
PR

「北朝鮮のことを書いた本は持ち込み禁止」を北朝鮮入国時に実験してみた

北朝鮮旅行を申し込んだ際に、北朝鮮旅行を取り扱う旅行代理店から「北朝鮮のことを書いた書籍は北朝鮮には持ち込めません。」と注意を受けました。
これがどこまで厳格に実施されるのか、北朝鮮入国時に複数の本を持って行って実験してみました。

より安い費用で北朝鮮旅行に行く方法 〜現地でかかるお金を抑える方法編〜

北朝鮮旅行では、旅行代理店経由で申し込むツアー代金、北朝鮮の入口の街までの往復航空券の次に費用がかかるのが北朝鮮旅行中に現地で支払う金額です。
私たちは5泊6日の滞在で、2人で40,000円ほど使いました。

より安い費用で北朝鮮旅行に行く方法 〜中国までの交通費を下げる方法編〜

どこまで費用を下げられるかが不透明なツアー料金に対して、ちゃんと調べることによってほぼ確実に旅費を抑えることができるのが、日本から丹東(あるいは北京、瀋陽など北朝鮮への入口の街)までの航空券代です。

より安い費用で北朝鮮旅行に行く方法 〜ツアー料金を下げる方法編〜

北朝鮮旅行にかかる費用で最も高額になる費用が、旅行代理店経由で申し込むツアー料金です。
私たちは中国にある大連富麗華国際旅行社という会社経由で申し込んだところ、ツアー料金は北朝鮮滞在5泊6日で1人176,000円でした。

北朝鮮の観光スポット 〜主体思想塔にのぼってみる〜

北朝鮮旅行で、これもかなりの確率で行くのが主体(チュチェ)思想塔です。だいたいの北朝鮮の観光ガイド本にも載っていますし、市内のだいたいのところから見えるので、北朝鮮旅行好きなら皆知っていると思います。

PAGE TOP