忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 記事一覧

北朝鮮の観光スポット 〜金日成の生家・万景台へ行く(2)万景台革命事績館で金日成の偉業の説明を聞く〜

平壌観光で一度は必ず寄ることになっているらしい、金日成の生家がある万景台(マンギョンデ)の万景台革命事績館では金日成の家系の紹介に続いて、本題の金日成の偉業の説明を受けます。

北朝鮮の観光スポット 〜金日成の生家・万景台へ行く(1)万景台革命事績館で金日成の家系の紹介を聞く〜

北朝鮮人でも外国人観光客でも、平壌に訪問する際は基本的に行くことになっており、北朝鮮旅行のコースにもほぼ確実に入るのが、金日成の生家がある万景台(マンギョンデ)です。

よくある質問:北朝鮮旅行に行ったら、公安にマークされるのでは?

北朝鮮に旅行に行くと、それだけで日本の公安にマークされるとか、日本に帰国後に公安に取り調べを受けるとか、そんな怪情報がネット上などによく落ちています。
また、旅行中、北朝鮮の公安の監視を受けるのでは?という不安もあるかと思います。

【まとめ】北朝鮮の観光スポット 〜板門店に北から入る〜

朝鮮戦争後の北朝鮮と韓国の休戦会議の場であり、軍事境界線の真上にある板門店は、韓国旅行の中に見学ツアーがよくありますが、北朝鮮側からも入ることができます。

北朝鮮の観光スポット 〜青山里共同農場を見学する〜

金日成時代の北朝鮮の農業の大失敗の象徴(結果的に)であり、意外なことにその後に北朝鮮の農業が復活を遂げた、その一端が垣間見えるのが、この青山里(チョンサンリ)共同農場です。

北朝鮮の観光スポット 板門店に北側から行く(3)いよいよ軍事休戦委員会本会議場へ

北朝鮮の観光スポット 板門店に北側から行く(3)いよいよ軍事休戦委員会本会議場へ

北朝鮮側ならではの観光スポット、停戦会議場と休戦会議場(停戦協定が調印された建物)を見学したら、次はいよいよ軍事休戦委員会本会議場です。

北朝鮮の観光スポット 板門店に北側から行く(2)停戦協議場と、調印式の建物へ

「アメリカが戦争を煽って来るので、それに対して必死で対抗している」という説明を非武装地帯の入口で受けたら、いよいよ停戦協議場と軍事停戦委員会本会議場がある板門店へ入って行きます。

北朝鮮の観光スポット 板門店に北側から行く(1)非武装地帯へ入る

南北朝鮮の軍事境界線(実質の国境)上の建物「軍事休戦委員会本会議場」がある板門店に韓国側から行った人は多いですが、実は北朝鮮側からも板門店の見学に行くことができます。

北朝鮮への出発駅 中国・丹東駅で出国審査する流れ

北朝鮮へいく方法は、空路であれば中国・北京か、中国・瀋陽からですが、陸路であれば、中国の北朝鮮との国境の街・丹東(ダンドン)市の丹東駅から国際特急列車で出国します。

PAGE TOP