忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮旅行の費用 > より安い費用で北朝鮮旅行に行く方法 〜中国までの交通費を下げる方法編〜

より安い費用で北朝鮮旅行に行く方法 〜中国までの交通費を下げる方法編〜

どこまで費用を下げられるかが不透明なツアー料金に対して、ちゃんと調べることによってほぼ確実に旅費を抑えることができるのが、日本から丹東(あるいは北京、瀋陽など北朝鮮への入口の街)までの航空券代です。


私たちは今回、航空券はDeNAトラベル、宿はエクスペディアとairbnbを利用して、関空と丹東を往復しました。



1.航空券を安くする方法(1)安く航空券を取れるWEBサイトを探して申し込む

北朝鮮旅行へは、北京、瀋陽、丹東などの中国の街から飛行機または電車で平壌へ行きます。
私たちは丹東から陸路で平壌入りを選びました。

他の北朝鮮旅行者に聞いてまわった限り、北朝鮮に入る中国の街から平壌までの航空券(または電車の切符)は北朝鮮旅行を手配してくれる旅行会社からしか申し込めず、一方、日本から中国への航空券は各自で取ることになっているようです。

この日本から中国への航空券を安くすることで、北朝鮮旅行の旅費を浮かすことができます。


私たちは今回、大阪の関西国際空港(関空)出発、丹東までの往復、5月の平日の航空券を取りました。

5月の平日は中国までの航空券は比較的安いようで、調べたところ1人あたり往復で5万円から15万円くらいまでありました。

直行便だったり、JALやANAなどの日本の航空会社だったりすると高くなります。


だいたいの相場を把握したら、各サイトの比較に入ります。

これは、かなり念入りに比較しました。


日本から丹東までの航空券が一番安いサイトを比較してみた結果はコチラ

今回調べたウェブサイトは7サイト。

うち、Skypicker、スカイチケット、フレックスインターナショナル、e航空券.com(エボラブルアジア・トリップスター)の4サイトはなんと、丹東行きの航空券の取り扱いがナシ。

取り扱いがあったのは、DeNAトラベルエクスペディアスカイスキャナーの3サイトのみでした。

この3つのサイトを比較した結果、DeNAトラベルが最安値でしたので、DeNAトラベルで申し込みました。

時期が安かったこともあり、空港利用料、燃油代、その他諸税、取り扱い手数料込みで往復1人あたり47,140円で取ることができました。


今回のブログを書くにあたり、今年のシルバーウィークの航空券の代金も調べてみましたが、これでもDeNAトラベルが一番安かったです。

シルバーウィークの日本から丹東までの航空券の比較はコチラ


常に最安値なのかどうかはわかりませんが、ここ数年、日本から海外へ行く航空券は各サイトを調べてDeNAトラベルより安いサイトは見たことがありません。

実際に取る際は、再度調べた方がよいと思うのですが、調べるのがめんどくさければDeNAトラベルがオススメです。




1.航空券を安くする方法(2)安い曜日を探して申し込む

仕事の都合で休みが限られている場合はそうも行かないかもしれませんが、北朝鮮旅行の日程を調整できるのであれば、航空券が安い曜日を探して旅行の日程を組むと安くすることができます。

これまで海外に行く際に調べてみた感覚ですが、「金曜の夜発」とか「土曜の朝発」とか「日曜の夜着」とかは高くなる傾向があると思います。

私たちはDeNAトラベルの中で、5月の中旬のほぼあらゆる曜日を調べたところ、行きの便は水曜日に関空出発で、木曜日に丹東到着の便。

帰りの便は木曜日に丹東出発で、木曜日中に関空到着の便が最も安かったです。

同じDeNAトラベルで他の曜日で調べたところ、往復1人あたり6万円とか、7万円とかが最安値というのが多かったので、この日程にしたことで航空券代を2万円ほど浮かせた計算になります。


これを確認してから、旅行代理店に行程の申し込みをしました。



2.経由地の宿を安くする方法(1)エクスペディアで申し込む


今回、丹東では丹東リバーサイドインターナショナルホテルと、丹東ヒルトンガーデンインに泊まりました。

私たちはホテルを取る際は、まず各種ウェブサイトで主なホテルの場所や、部屋のきれいさ、だいたいの費用の相場などを調べて、まずホテルを決め、その後に最安値で取れるサイトを探して予約します。

今回は2カ所とも、エクスペディアが最安値でした。


ホテルも、昔は何サイトも比較して最安値で取れるサイトを探すことが多かったのですが、最近は結局エクスペディアが一番安い場合が多いので、めんどくさいときは他のサイトを調べずにエクスペディアで申し込んでいます。

他のサイトと比べて最大で半額くらいになるので、こだわる方は都度調べた方がよいですが、めんどくさい方はエクスペディアがオススメです。

エクスペディアはコチラ




2.経由地の宿を安くする方法(2)airbnbで泊まる

私たちは、ホテルよりも更に安く泊まりたい場合は、airbnb(エアビーアンドビー)を利用します。

今回は関空から丹東への行きの便は、途中、青島(チンタオ)で一泊トランジットがあったので、ここはairbnbで申し込みました。


airbnbはホテル同様口コミを確認したり、部屋の写真や立地を確認したりできる上に、同じ地域のホテルよりは安い場合が多いです。

デメリットは、ホテルのようにフロントがいないのでホテルでの両替やモーニングコールの依頼などができないとかと、ホテルが集積している場所ではなく住宅地みたいなところにある宿が多いこと、あとは中国の田舎などだとオーナーがウソの情報をサイトに載せていることがあるなどがあります。

今回は青島では時間に余裕があったので、airbnbを使いました。

2名で1泊4,304円で宿泊することができました。

airbnbはコチラ


航空券を安く取るならDeNAトラベルがおすすめです。他より2〜5万円位は安いです。
日本から中国までの航空券比較はコチラ





北朝鮮旅行の情報はトリップアドバイザーでも調べられます。
世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」で北朝鮮旅行の口コミを見る


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP