忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮の本 > 北朝鮮旅行に行くなら事前の情報収集がオススメ 〜事前に北朝鮮本を何冊か読んでおいた方がいいと思う理由〜

北朝鮮旅行に行くなら事前の情報収集がオススメ 〜事前に北朝鮮本を何冊か読んでおいた方がいいと思う理由〜

海外旅行に行く際に、みっちり予習をしていく派と、あえて何も知らない状態でいく派がいると思いますが、私は事前に情報を入れる派です。


海外旅行に行く際に、事前に本などで情報収集した方がよいという理由は、仮説や見どころを頭に入れたうえでガイドの話を見たり、詳しく見て回ったりしたほうが理解が深まるのと、実は知らない見どころスポットがあり、

「やっぱり、ここも行っておけばよかった。」

と後から思いたくないからです。


特に、北朝鮮の場合は歴史、社会情勢、国際問題についてのニュースなどは、北朝鮮側で発信している情報と、世界各国で発信されている情報が異なります。

北朝鮮側が発している情報に騙されたくないのはもちろん、日本のテレビや新聞やネットなどの世間一般で言われている不確かな噂などのみを頭に入れて観光することで有益な情報収集を不十分にしたくないと思います。


また、北朝鮮の場合は、博物館などで提供されている歴史認識や、ガイドの説明の歴史認識などは、私たち(西側諸国)が勉強してきたものと、かなり異なります。

ざっくり言うと、日本やその他の西側諸国では「北朝鮮は悪いことをした。」と紹介されている事象が、北朝鮮に行くと「北朝鮮はよいことをした。」というように紹介されていることがすごくたくさんあります。


そのまま鵜呑みにしてしまっては、言葉は悪いですがある意味、洗脳教育されてしまいますし、「この人たちは、嘘を言って私たちを洗脳しようとしているんだ。」と全てを疑ってしまっては、何も得る物がありません。

北朝鮮の現地ガイドの話を聞いていても、こちらの認識と異なれば、ガイドの説明に対して突っ込んだ質問をすると、なぜ認識が異なったのかがわかります。

「北朝鮮側の言い分としては、それもまあ最もなことなので、国が国民に教える歴史認識が異なっている。」
「北朝鮮側では、誰かが大事な事実を隠したことにより、結果、歴史認識がが異なった。」
「北朝鮮側で、誰かが大事な情報をねつ造したことにより、歴史認識が異なっている。」
「北朝鮮側のガイドの勉強不足が原因で、ガイド教える歴史認識が異なっている。」

など、色々なパターンがありますが、事前に勉強して行かないと、違和感を感じたタイミングでガイドに質問ができないため、なぜ歴史認識が異なっているのか?がわからないのです。


洗脳されないためにも、逆に疑いすぎて何も楽しめずに終わってしまわないためにも、(ネットに落ちてる根拠不明・事実関係不明のものではなく)ちゃんと体験や取材をもとに書いた書籍などを事前に読み、ある程度の裏付けがある情報を頭に入れたほうが、北朝鮮旅行をはるかに楽しめると思います。


友達などと北朝鮮の会話になったときに、「北朝鮮のことはよくわからないけれど、とりあえず北朝鮮はねつ造と暴走をしている、みたいに会話を合わせて北朝鮮を叩いておこう。」みたいな感じになるのは少しなさけないので、北朝鮮の「ほんとのところ」くらいを知っておくことは、今の日朝関係を考えても有意義だと思うのです。

このブログでは、私が北朝鮮の事前情報を入手したり、帰国後に違う意見や見方を確認したり、このブログを書くために情報をまとめたりするために読んだ書籍を紹介します。

北朝鮮のことを手っ取り早く知れるオススメ本はコチラ

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP