忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮のホテル > 北朝鮮のホテルの変な世界時計と、北朝鮮の変な時差

北朝鮮のホテルの変な世界時計と、北朝鮮の変な時差

平壌高麗ホテルのフロントには、普通の外国人旅行客対応の高級ホテルと同様に、世界の各都市の現地時間を表示する世界時計があります。

しかし、海外都市のチョイスが普通とだいぶ違います。


普通この手の世界時計は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、北京、東京、ソウル、シンガポール、ドバイ・・・みたいな感じかと思いますが、








順番に見ます。

・平壌(これはわかる)
・ハバナ(キューバの首都です、社会主義国です)
・ベルリン(ドイツ首都・ベルリンは冷戦の象徴だからでしょうか)
・ソフィア(どこ・・・調べたらソ連の元衛星国であるブルガリアの首都で、人口は平壌の半分以下の125万人です)
・サンティアゴ(なんで・・・?ちなみに南米・チリです)
・モスクワ(ソ連・これはわかるとしましょう)
・リオデジャネイロ(ブラジル・これはまとも)
・東京(これもまとも)
・カラチ(だからどこ・・・、調べたら核実験でおなじみパキスタンの首都でした)
・シドニー(オーストラリア・まとも)
・ニューデリー(インド・まとも)
・北京(中国・まとも)
・テヘラン(こちらも核実験でおなじみイランの首都)
・ロンドン(イギリス・これはまとも)
・メキシコシティー(メキシコ・なんとしてもアメリカの都市を外したいのか)

・・・目視できたので、これだけです。

北朝鮮とは建国以来の仲良し(?)でもあるロシアは世界最大の国土を持ち、世界最多の11の標準時間を持つ国です。

でも、ここに表示されているのはモスクワ1つだけ。

敬意を表することに意義があるのだと思いますが、チョイスが徹底しています。



ちなみに、北朝鮮時間は東京から30分遅れ、北京より30分進んでいます。
時差が30分単位の国なんてあったんだ。

この国の国際的な協調性のなさを象徴しているように思いました。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP