忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮旅行・よくある質問 > よくある質問:女性が北朝鮮旅行に行っても危険じゃないの?

よくある質問:女性が北朝鮮旅行に行っても危険じゃないの?

女性が北朝鮮に旅行に行くことに不安を覚える方も多いと思います。




北朝鮮旅行に女性が行くことについて不安なことは、例えば犯罪に巻き込まれるという危険があります。

北朝鮮の治安はよいとは言えませんが、実は世界の中ではそこまで悪い方でもありません。

私は海外はかなり多くの国・地域へ行きましたが、北朝鮮への女性の旅行はかなり安全な方だと思います。

その理由の一つ目が、北朝鮮での旅行の行程中は全て、2人のガイドが同行しているのですが、このガイドが北朝鮮国営企業に所属する、平壌在住のガイドであるという点です。

このガイドは、観光客が平壌市内の一般市民に勝手に話しかけたり、観光での立ち入りが許されない場所に入らないよう監視するだけでなく、一般市民が観光客に危害を加えることを防ぐ仕事も担っています。

北朝鮮の国民には密告制度がほぼ完全に行き渡っています。

したがって、万が一、ガイドがしくじって、一般市民が観光客に犯罪を働くのを止められなかった場合、もう1人のガイドからその失敗を(朝鮮労働党幹部に)密告されてしまう可能性が高いです。

さらに、観光客に犯罪行為を働いた犯人もガイドに密告されることになる上に、ガイド自身が観光客にも犯罪をはたらけないようになっています。

また、身分制度の中層・下層に位置する地方の人は貧しさ故に犯罪に走る可能性もありますが、身分制度の最上位にいる平壌市民(ガイドや平壌を歩いている普通の市民)はそのような犯罪を犯す必要性もかなり低いです。

北朝鮮の治安について、詳しくはコチラを参照


また、今でも「北朝鮮に行ったら拉致されてしまうのでは?」と想像する方もいると思いますが、実は拉致される危険も(男女ともに)高いとは言えません。

拉致事件があったのは北朝鮮に極度に人材が不足していた今から40年ほど前の頃のことであり、それ以降数十年にわたって拉致事件は起こっていません。

その上、(日本や他国に潜入して日本人の拉致を行うならともかく)北朝鮮に観光で来ている日本人旅行客を拉致するというのはかなり考えにくいからです。

北朝鮮に行って拉致されるリスクについて、詳しくはコチラを参照


実際、北朝鮮に旅行で来ている日本人女性は意外と多くいます。

私は妻と一緒に行きましたし、私たちと同じ期間に北朝鮮旅行に来ていた日本人の方は「女性1人」と「男性1人・女性1人の2人組」でした。

なんとその時期に北朝鮮にいた日本人5人の内訳は、男性が2人、女性が3人だったことになります。

もちろん、誰にも何のトラブルもなかった上に、私たちを含めた全ての旅行客が安全・快適に旅行できていました。

また、北朝鮮旅行では1組につき必ずガイド2人と運転手1人が着くのですが、私たちについたガイドも、他の日本人女性旅行客についたガイドも「男性ガイド1人と女性ガイド1人」という体制でした。

これが男性ガイド2人などであれば不安もあるかもしれませんが、必ず男性ガイド1人と女性ガイド1人のペアが組まれるのであれば、安全そのものです。


行程中でガイドがつかないのはホテル館内にいる間のみですが、日本人が北朝鮮旅行に行った際にほぼ確実に泊まることになる平壌高麗ホテルは基本的にガラガラです。

私たちはホテルのバーや喫茶店を利用しましたが、最上階のバーは基本的にガラガラ。

私たち以外のバーのお客さんは1週間いて他の日本人客しか来ることはなかったです。
これでは女性観光客が外国人観光客とのトラブルも想像しにくいです。

また、1階にある喫茶店はフロントの真正面なので、ここでも外国人観光客とのトラブルは起こりにくいと言えます。

ガイドの日本語は完璧で、ホテルの売店や、お願いしたら連れて行ってもらえるスーパーでも旅行中に必要な日用品は全て手に入りますし、ホテルの部屋はアメニティも充実していて、風呂も広く、女性の海外旅行先としてはかなり快適だと思います。
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP