忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮の観光地 > 【まとめ】北朝鮮の観光スポット 〜板門店に北から入る〜

【まとめ】北朝鮮の観光スポット 〜板門店に北から入る〜

朝鮮戦争後の北朝鮮と韓国の休戦会議の場であり、軍事境界線の真上にある板門店は、韓国旅行の中に見学ツアーがよくありますが、北朝鮮側からも入ることができます。




1.非武装地帯へ入る


軍事境界線の南北2kmは非武装地帯として、兵器などの持ち込みが禁止されたエリアが東西に横たわっています。

したがって、板門店に行くには、北からでも南からでもこの非武装地帯を通過することになります。


韓国側から非武装地帯、板門店と入るツアーでは、かなり厳格に手続きをすることで有名ですが、北朝鮮側からはかなりゆるい感じで入ることができます。

非武装地帯の入口では、お土産屋さんの横のスペースで板門店の見取り図をもとに、軍人に休戦協定の流れや、休戦協定後の南北朝鮮のやりとりなどの解説を受けます。

まだ非武装地帯に入っていないこの時点で、既に「強盗のごときアメリカが」「北朝鮮に戦争を煽動するアメリカ帝国主義が」と、アメリカ罵倒が満載の説明を楽しめます。

板門店への入口と、非武装地帯のレポート・解説はコチラ





2.停戦協議場と、休戦協定の調印式のあった建物へ行く

朝鮮戦争では2年にわたって休戦に向けた話し合いが行われましたが、その会場は板門店ではなく、その少し北側の、北朝鮮領土内にある建物です。

ここに行けるのは北朝鮮側から板門店に行く時だけですので、これはなかなかレアなスポットと言えます。


何度も繰り返された、休戦に向けた話し合いは前半は小さめの建物である「停戦協議場」、後半はもう少し広い建物である「休戦協議場」で行われ、この休戦協議場のほうで休戦協定の調印式が行われました。


特に休戦協定の調印式の様子は、「あの威張っていたアメリカが、屈辱的な調印をした。」という説明が軍人からあります。

ここが盛り上がりどころです。


いずれも当時使われていたテーブルが残されていて、記念撮影ができます。


停戦協議場、及び休戦協定の調印式の建物のレポート・解説はコチラ




3.板門店の軍事休戦委員会本会議場へ

朝鮮戦争では、休戦後に不意打ちで攻め込んだり、捕虜をずっと拘束したりしないように、双方でちゃんと話し合いをするための軍事休戦委員会を設けることに決まりました。

この軍事休戦委員会の会議をするのが、軍事休戦委員会本会議場です。


ここの建物の真ん中に軍事境界線が横切っており、手前が北朝鮮、向こうが韓国になっているので、この建物の中であれば、国境を越えることができます。

(ただし、建物の内外ともに、双方の軍がめっちゃ監視しています。)


建物の向こう、すぐ近くに韓国軍の兵隊が見えるのが、なんとなく不思議な感じでした。


板門店・軍事休戦委員会本会議場のレポート・解説はコチラ

北朝鮮の観光スポットの口コミはトリップアドバイザーでも調べられます。
世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」で北朝鮮の観光スポットの口コミを見る




PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP