忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮旅行記 > 行動・撮影・通貨・・・・現地ガイドが伝える、北朝鮮旅行の注意事項と禁止事項

行動・撮影・通貨・・・・現地ガイドが伝える、北朝鮮旅行の注意事項と禁止事項

平壌に到着して初日、ホテルに荷物を置いたら、ホテル内のレストランで晩ご飯を食べて、ガイドと一緒にバーでビールを飲みながら、北朝鮮旅行の行程、そして気をつけなければならない禁止事項を説明してもらいます。



ちなみに行程は、最初に問い合わせをした段階で工程表をもらって提案をもらったのですが、当日ついてみるとそれが変更になっています。
(よくあることだそうです。)
最初に提案をもらった工程表はコチラ

私たちと同じ時期に北朝鮮に来ていた日本人女性も、行く場所は聞いていた内容と同じで、日時が変更になっていました。

そして、それぞれに専用車(私たちは2人+ガイド2人+運転手1人=計5人なのでハイエース、もう一人の日本人女性は1人+ガイド2人+運転手1人=4人なのでセダンでした)での移動なのですが、移動する日時は全て同じでした。

現地ガイドに話を聞いたりする際は、全て一緒に説明を聞いて回ります。

観光客が少ないところに行く際は、同時に行くことで現地ガイドの手間(と、電気代かな)を省きたいのかもしれません。


そしてそのあと、北朝鮮旅行の注意点を聞きます。
事前にメールでもらっていたものだけでなく、他にも色々あるとのこと。
予想通りです。

事前に聞いていた注意事項はコチラ






ガイドの話では、注意事項、禁止事項には以下のようなものがあります。

1.金日成・金正日の銅像には献花を

説明は、

「日本には『郷に入りては郷に従え』という諺がありますが、北朝鮮では銅像の前に行って、献花をし、偉大なる金日成主席と金正日総書記に感謝を伝えますので、皆さんも北朝鮮ではそのようにお願いします。」

という感じです。

この説明は銅像のある場所に行った際にも念押しで言われます。
(都度、郷に入りては〜のくだりから言われます。)



献花は造花で300円くらいです。
銅像がある場所では、送迎車が駐車場に入って来たところに必ず花を持ってチマチョゴリを着た女性が近づいて来るので、そこで花を買います。



2.写真撮影禁止のものを撮らない

写真撮影禁止のものは、

・軍人
・工事現場、作業場
・保安官
・スーパー、本屋などの店内

です。

たとえば、農村を撮ることはできますが、農作業中の人は撮ろうとするとガイドに止められます。

韓国との軍事境界線では、軍事境界線上に建っている建物は撮ってもOKですが、その周辺の非武装地帯周辺は建物はおろか、景色も撮影禁止です。


一方、なぜか、軍事境界線付近にいる軍人は撮ってOKです。

また、スーパーの店内はNGですが、レストランの中はOKです。

ちなみにガイドに聞いたらOKと言っていましたが、ホテルの44階のラウンジの夜景も撮ろうとするとスタッフに止められます。


実際、観光でまわってみたら、ガイドと一緒にいるとOKですが、そうでないときに勝手に写真を撮ろうとするとほとんどの場所で店員から写真はおやめください、と言われます。

ラウンジではウェイトレスに止められ、電車の中では車掌に止められ、レストランでは店員に止められ、ホテルのロビーではホテルマンに止められます。


おそらく、何を撮ってよくて何はNGというのは、ガイド以外はあまり知らないのだと思います。

ところが、この写真は北朝鮮出国の時にカメラをチェックされるため、

「万が一、禁止のものを撮っていて、後から自分の責任を問われたら・・・ましてや、有罪になったら、本当に大変なことになる。」

というような意図が店員にはあるのかもしれません。





3.金日成・金正日像を撮る時はキレイに

これもガイドに念入りに念を押されます。

車窓から写真を撮った時にブレているとか、撮ろうと思ったら電信柱で隠れてしまったとか、ピントが合っていないとか、銅像を撮る時に上半分しか撮れていないとか、肖像画を撮る時に真ん中に撮っていないとか、そういうのはNGです。

尊敬する人だから、だそうです。


ちなみに、「この金日成・金正日をキレイに撮れていない写真」も、北朝鮮出国の際にカメラから削除されるとガイドは言っていました。


なので、がんばって気をつけて撮りました。

(ちょっと電線かかってますが。)





4.ホテルの中以外は、全ての行動はガイドと一緒に

ホテルの中では自由行動ですが、それ以外の場所にいる時は常にガイドと行動をともにします。

妻が先に歩いていって、女性のガイドが妻に解説をしている間は、男性ガイドが私を待っています。

トイレに行く時は、ガイドが外で待っていてくれます。

ホテルの中のレストランで食事をする際は、私たち二人のみで食事をしますが、それ以外のレストランで食事をする際は、必ず同じテーブルにガイドが同席します。






5.北朝鮮政府発行の出版物を破らない、捨てない

北朝鮮では日本語で書かれた本を買うことが出来ます。
(全て北朝鮮政府発行の本です。)

内容は

「偉大なる金日成主席の生涯」
「偉大なる金正日総書記の生涯」
「朝鮮通史」
「金日成主席の名言集」
「金正日総書記の名演説」
「金正恩第一書記の考える、強盛国家建設のために」

などです。

これらを買った際に、そのページを破ったり、本を捨てたりしてはいけないそうです。

なぜなら、もちろん尊敬しているからだそうです。


読み終わってもってかえらない場合は、テーブルの上に置いておいてください、とのことでした。





6.千円札は使えるが百円玉は使えない、なるべく人民元かユーロで

北朝鮮では外国人観光客は人民元、ユーロ、日本円、米ドルが使えます。
これに加えて、北朝鮮人民は北朝鮮ウォンが使えるそうですが、外国人はこれに両替することができません。

1北朝鮮ウォンはほぼ1円なので、買い物をする際に値札を見る時は、値段の参考にしてください、と言っていました。
(ただし、町中のほとんどの観光客向けの店は値札は人民元で書いてあります。)


事前にネットで色々調べていたら、「100円玉が使えて便利なので、100円玉を大量に持っていってください。」と書いてあるサイトがあったので、40枚くらい持っていったのですが、今は経済制裁で日本円がほとんど流通しなくなったので、100円玉は流通しなくなったそうです。

なので、100円玉では買い物ができる店はないそうです。


そして、ガイドいわく

「千円札や米ドルでも買い物ができるのですが、現地の人がレート計算をよく間違えて両替を間違えるので、なるべく人民元かユーロで買い物をしたほうがいいです。」

と言っていました。

結局、中国で両替しておいた人民元を中心に使いました。





事前に友人たちに心配されたレベルを考えると、これくらいならそんなにストレスなく守れるかな、という感じです。


説明をひととおり受けて、この日は解散。

44階のラウンジでビールを少し飲んで、就寝。
翌日より観光です。

観光スポットと、北朝鮮料理を紹介していきます。


PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP