忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮レストラン・北朝鮮の食事 > 【まとめ】北朝鮮レストラン・北朝鮮の食事のまとめ

【まとめ】北朝鮮レストラン・北朝鮮の食事のまとめ

ニュースなどで世界中の北朝鮮レストラン(通称:北レス)が話題になっています。
北朝鮮の国内外で行った北朝鮮レストランと、北朝鮮料理をまとめます。



北朝鮮4大名物料理は(1)冷麺(日本で言う平壌冷麺です)、(2)チヂミ(北朝鮮式は韓国のものと少し違います)、(3)ボラのスープ、(4)犬汁だそうです。

これらを食します。



1.北朝鮮国内のレストラン

(1)平壌高麗ホテル併設レストランの北朝鮮家庭料理

キムチ、白菜のスープ、野菜炒め、鶏肉の天ぷら、焼いた豆腐などを食べます。

かなり素朴な味です。
オススメは、あっさり味の野菜炒めです。


北朝鮮レストランの前菜の定番・キムチと水キムチの食レポはコチラ


(2)平壌高麗ホテル1階のレストランの朝食

キムチ、鶏の炒め、目玉焼き(焼きたて)、お新香、フキ(?)の炊いたの、焼いたジャガイモ、魚を揚げたものなど食べます。

オススメは鶏の炒めとお新香です。



(3)平壌市内・金日成広場近くの喫茶店

喫茶店でコーヒーが飲めます。
コーヒーを頼むと、上にホイップが乗っていて、カステラのようなおやつと水がいっしょについてきます。




(4)平壌市内のレストランの冷麺

平壌冷麺を食べます。平たい器はこの店のこだわりです。

その前の前菜で北朝鮮式チヂミ、キムチ、野菜の和え物、茶碗蒸しを食べます。
北朝鮮式のチヂミは緑豆と豚の脂が入ったもので、韓国のものと見た目が違います。


平壌冷麺の食レポはコチラ

前菜の北朝鮮チヂミの食レポはコチラ



(5)平壌市内のレストランの石焼ビビンバ

石焼というより土鍋の鍋焼きビビンバです。
北朝鮮式は韓国式のようにお焦げを作るのではなく、普通にサクサク混ぜて食べるそうです。


石焼ビビンバの食レポはコチラ


前菜はあんまん、キュウリの和え物、キムチ、アヒル肉の炒め、アサリバター、豆腐ハンバーグです。

アヒル肉、食べました。かなり旨いです。



(6)平壌市内のレストランで鍋

手元の鍋と五徳(ごとく)で鍋料理です。
食材は肉、野菜、豆腐、しらたき、卵、水キムチなどで、味付けは塩、胡椒、辛みそなどを使って各自で味付けします。

前菜で白身魚のフライ、キュウリ、肉野菜炒め、あとなぜかロールケーキが出ます。




(7)平壌市内の焼き肉屋で焼き肉

焼き肉です。
肉は主に牛、羊、アヒルだそうです。


これも旨かったですが、韓国のほうが旨かったかな。



(8)平壌市内のレストランで犬汁

名物、犬汁ですが、犬の鍋のようにして食べます。これ、マジでうまいです。

いろんな調理法があるようですが、私たちが食べたのはサムゲタン風の味付けのものでした。

ドキドキ・・・、犬汁の食レポはコチラ




(9)平壌市内のレストランで炒飯

あっさり味で人気のチャーハンだそうです。

前菜は水餃子、キムチ、あんまん、ジャガイモのフライ、魚の揚げたの、アヒル肉炒め、魚の練り物と野菜の炒め、豚肉キャベツ炒めです。


オススメは、やっぱり、アヒル肉かな。




(10)南浦でハマグリのガソリン焼き

南浦(ナンポ)ではコテージのようなところに泊まるので、庭で北朝鮮名物・蛤のガソリン焼きです。

ハマグリを並べてペットボトル1本分のガソリンを掛けながら炎であぶります。


ハマグリのガソリン焼きの食レポはコチラ



(11)南浦のレストランで鍋料理

手元の五徳(ごとく)に乗った鍋で、豚肉、野菜、豆腐を食べます。

晩ご飯の前に蛤のガソリン焼き、前菜で肉と野菜の鉄板焼き、水餃子、鶏の天ぷら、キュウリの浸したの、酢豚、を食べてからのこの鍋ですので、全部食べることが出来る人はかなり少ないと思います。




(12)南浦(ナンポ)のレストランで朝食

お粥、キュウリのキムチ、目玉焼き、ジャガイモの揚げたの、トマト、ナンのようなパン(パンのようなナン?)を食べます。

これが一番質素でした。



(13)開城(ケソン)のレストランで宮廷料理とサムゲタン

世界遺産の街・開城では、10世紀くらいの高麗の宮廷料理を食べます。

ご飯、野菜スープ、和え物、キムチ、生野菜、犬肉炒め、キュウリ、ゆでたまご、何かの煮物、もやしナムル、韓国海苔、イカの炒め、水キムチが同じ形のお椀に入って出てきます。

サムゲタンも食べました。




北朝鮮国内のレストランに行く際は、事前に予約してコースで出てきます。

いずれもかなりのボリュームなので、完食することはまずありません。
フランスなどのように、残すのが普通のようです。

なお、これらは全て観光客向けの料理で、「家庭料理」と言っても貧しい農村でこれらのような内容、量を日常的に食べているということはかなり考えにくいと思います。



なお、北朝鮮国内のレストランやホテルでも、酒は普通に飲めます。

北朝鮮の酒の紹介はコチラ
しかも、ビールとか、結構うまいので、北朝鮮に行く酒飲みの方は楽しみにしてていいと思います。



2.中国の北朝鮮との国境の街・丹東(英語読みはDangdong、日本語読みはタントウ)の北朝鮮レストラン

(1)リバーサイドインターナショナルホテルの北朝鮮レストラン

壁に書いてあるメニューを指差しして注文する形式です。
茄子の味噌焼き、白菜と豚焼き、羊肉の唐揚げを食べました。

軽く食べて飲んで、チマチョゴリの北朝鮮女性スタッフによる歌と踊りのショー(撮影厳禁)を楽しみました。



(2)丹東ヒルトンホテルの近くの北朝鮮レストラン

日本の居酒屋のようにテーブルに置いてあるメニュー表から選んで注文する形式です。

肉野菜炒め、もやし炒めを頼みました。
店内撮影厳禁で写真はありません。

今はショーはやっていなくて、かつてステージだったと思われる場所は物置になっていました。



3.ロシア・ウラジオストクの北朝鮮レストラン

ウラジオストクに旅行に行った際に、ロシアにある唯一の北朝鮮レストランへ行きました。
中国や東南アジアにある北朝鮮レストランは国営のものの他に、民営のものも多いそうですが、ここは国営です。

これも日本の居酒屋のように、テーブルに置いてあるメニュー表から選んで注文する形式です。

これはめちゃくちゃ旨かった上に、さすが国営、今まで行った北朝鮮レストランの中で一番美女ぞろいでした。

食事して、飲んで、チマチョゴリの北朝鮮女性スタッフによるショーを見て、その後の朝鮮琴の練習しているところまで見させてもらえました。



(それぞれの詳細のレポートや写真は随時、追記していきます。)
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP