忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 北朝鮮旅行記

行動・撮影・通貨・・・・現地ガイドが伝える、北朝鮮旅行の注意事項と禁止事項

平壌に到着して初日、ホテルに荷物を置いたら、ホテル内のレストランで晩ご飯を食べて、ガイドと一緒にバーでビールを飲みながら、北朝鮮旅行の行程、そして気をつけなければならない禁止事項を説明してもらいます。

北朝鮮旅行のはじまり(3)車窓から北朝鮮の農村を眺めつつ、平壌へ

念入りな入国審査が終わると電車は平壌に向けて発車します。

電車の乗客の大半は北朝鮮に行く中国人で、中国から北朝鮮に帰る人はかなり少数です。

丹東駅でざっと眺めた感じだと、

北朝鮮旅行のはじまり (1)日本を出国し、北朝鮮との国境の街・丹東へ

いよいよ出発日、関西在住の私たちは、関空へ向かいました。

今回は妻の体調が悪かったので、車で1時間半ほどかけて関空へ向かい、「何日止めても5,000円」がキャッチフレーズのパシフィックパーキングを利用して車を預けました。


1.日本を出国(チェックイン編)

北朝鮮旅行に必要な事前準備 (2)ビザと持ち物の準備編

北朝鮮は数々の途上国、社会主義国と比べても特に情報統制と、独自の文化・思想の保護が激しい国です。

したがって、事前の準備、特に旅行の際の持ち物などは特に注意が必要です。

PAGE TOP