忍者ブログ

よくわかる北朝鮮旅行2016年5月 by 神谷奏六

Home > ブログ > 記事一覧

北朝鮮がわかるオススメ本 「そうだったのか! 朝鮮半島(池上彰 著)」

数々の北朝鮮関連の本の中で、朝鮮戦争から金正恩までの北朝鮮の歴史を理解するのに、一番よいと思うのが、ジャーナリスト・池上彰氏の渾身の著作であるこの「そうだったのか! 朝鮮半島 (そうだったのか! シリーズ)」です。
PR

北朝鮮の歴史認識「国連軍16カ国対中朝2カ国」はねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(3)なぜソ連だけ参戦を隠したのか

様々な文献や資料などから、今では朝鮮戦争の北朝鮮軍側にソ連も参戦したことが明らかになっています。では、なぜ、当時、ソ連の参戦を隠したのでしょうか。

北朝鮮の歴史認識「国連軍16カ国対中朝2カ国」はねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(2)最新の最有力の国際的に一般的な歴史認識

北朝鮮政府や北朝鮮国民の歴史認識としては、朝鮮戦争は「アメリカ含む国連軍16カ国と南朝鮮軍に対し、中国と北朝鮮の2カ国で戦った」というものが主流ですが、国際的に一般的な最新の有力説も検証したいと思います。

北朝鮮の歴史認識「国連軍16カ国対中朝2カ国」はねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(1)北朝鮮の歴史認識

北朝鮮国内で語られる朝鮮戦争の歴史は、「北朝鮮中国の2カ国が国連軍16カ国と戦った」とされていて、北朝鮮側にソ連が入っていません。しかし、今では朝鮮戦争の参戦国にソ連が入っていたことは明らかになっています。

北朝鮮の歴史認識「国連軍16カ国対中朝2カ国」はねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?を検証する

北朝鮮国内で語られる朝鮮戦争の歴史は、「北朝鮮中国の2カ国が国連軍16カ国と戦った」とされていて、北朝鮮側にソ連が入っていません。しかし、今では朝鮮戦争の参戦国にソ連が入っていたことは明らかになっています。

北朝鮮が朝鮮戦争で「勝利」と言うのはねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(5)ガイドの説明を検証する

当然ですが、北朝鮮旅行に行った際に私たちにつく現地ガイドも朝鮮戦争について「勝利」と説明します。これはねつ造なのか?洗脳なのか?それとも一理あるのか?

北朝鮮が朝鮮戦争で「勝利」と言うのはねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(4)関係諸外国は目的を達成したか?

開戦当初の戦争の目的を達成していれば、「戦争の成功」と判断してよいと思いますし、歴史観においては目的の達成をもって「戦勝」とする有力説もあります。それでは、朝鮮戦争では、関係諸国は目的を達成したのでしょうか。

北朝鮮が朝鮮戦争で「勝利」と言うのはねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(3)北朝鮮国民から見て目的を達成したか?

北朝鮮が朝鮮戦争に「勝利」したと言っている点について、学者などの間で有力説としてある「開戦当初の目的を達成したら戦勝」という定義にもとづいて、どうなのかを検証してみたいと思います。

北朝鮮が朝鮮戦争で「勝利」と言うのはねつ造か?洗脳か?いや一理あるのか?(2)「戦勝」の定義から分析する(後編)

このブログでは国どうしの戦いに勝ったら「戦勝」、当初の目的を達成したら「戦争に成功」として、朝鮮戦争はどうだったのか、を見て行きます。

PAGE TOP